Skima信州編集長の信州さーもんさんの体験モニター終了、「おすすめ」いただきました〜(嬉)

こんにちは。コワーキングスペース長野 代表の駒込です。

7月に発表したように、「Skima信州」(スキマしんしゅう)というウェブメディアを運営されている「信州さーもん」さんに個ブースを1ヶ月使ってもらいました

モニター決定! Skima信州 編集長の信州さーもんさんに個ブースを1ヶ月間利用していただきます。今後、コワーキングを使った感想とか使い方などの情報発信にもご期待ください。直接お会いしたい人は8月上旬までの間にぜひお越しくださいね。

信州さーもんさんはご自身で運営するSkima信州以外にも数々のウェブメディアを運営したり、セミナー講師をやったりと多忙な日々を過ごしておられます。

個ブースで仕事にはげむ信州さーもんさん

個ブースで仕事にはげむ信州さーもんさん

忙しい合間をぬってちょこちょこと個ブースを体験していただき、ブログでコワーキングスペース長野を使った感想を書いてくれました。

本当にありがとうございました!

やはり、このコメントはうれしかったですねー。

オフィスのないフリーランスにとって、公に使えるスペースがあることの便利さを知りました。

長野市周辺にお住いの方は、ぜひ一度オタメシしてみてくださいね。

そう。そうなんですよ! フリーランスの人は自宅で仕事する方が多いと思うんですけど、やっぱり対外的にも自由に使えるオフィスがあると何かと便利です。

コワーキングの使い方として参考になるポイント

信州さーもんさんがあげてくれたコワーキングの使い方のポイントが、的を射ていたのでいくつか引用させていただきます。

あ、ちなみに、いっておきますが「こう書いてくれ」と頼んだわけじゃないですからね(笑)

普段家でダラダラ仕事をしている私にとって、コワーキングスペースでの仕事はかなり新鮮でした。

人がいるから怠けられないし、みんなも仕事をしていると思えば頑張れる。

個ブースには仕切りもあり、思った以上に集中できます。

これは、みんなあると思うんです。

別にジロジロ見られるわけじゃないんだけど、他人の視線を感じているだけで「あ、なんかちゃんとやらなくちゃ」という気分になります。

マクドナルドやファミレスとかだと雑談したりくつろいでいる人がほとんどですが、コワーキングの場合は周りは仕事している人ばかりなので、なおさらですよね。

(謙遜して「家でダラダラ仕事をしている」なんて書いてますが、お話を聞いているとめちゃくちゃ忙しく飛び回ってますよ。そして、個ブースで仕事している時の集中力もすごかったです)

個ブースの他に、オープンスペースもあります。

同じように仕事もできますし、イベントや打ち合わせでの使用も可能。もちろんWi-Fiも完備しているので打ち合わせには最適なんですよ。

信州さーもんさんの打ち合わせの模様、2人とも顔出しNGなので(笑)

信州さーもんさんの打ち合わせの模様、2人とも顔出しNGなので(笑)

自宅が仕事場の方は、打ち合わせで自宅を指定するのは抵抗のある方もいるかと思います。かといってあまりオープンなところでも困ります。

たまににぎやかなカフェやファミレスに行くと、資料は丸見え、でかい声で筒抜けの打ち合わせしている方とかいますよね。。。

フリーランスの場合、打ち合わせや仕事に使いやすい場所をいくつか持っておくといいですよ。気分転換にもなりますし。

そういえば、アイディアが思いつくのは「三上」(さんじょう)といって、

  • 馬上:馬に乗っているとき(移動している時)
  • 枕上(ちんじょう):寝床に入っているとき
  • 厠上(しじょう):トイレに入っているとき

だといいます。

個人的には「馬上」ですかね。車で移動しているときにふと何か思いつくことがよくあります。

例えばお仕事関係の人とちょっとしたお話をしたい時、インタビューや取材を受ける時、自分のオフィスのように待ち合わせられる場所があると便利ですよね。

待ち合わせ時間の前後は仕事をして、同じ場所で対応すれば時間のロスも軽減できます。

打ち合わせの場所に早めにいって仕事したり、その場で決まったことを片付けちゃいたい、考えをまとめてしまいたいと思うことはありませんか?

僕は結構あります。

一回持ち帰っちゃうと手を付けづらくなったりするので、もうその場の勢いでやってしまいたいんですよね(汗)

賃貸事務所を借りようかなとお考えの方、コワーキングスペースや個ブースってどうやって使ったらいいのって方は、ぜひ信州さーもんさんのブログを参考にしてください。

信州さーもんさん、1ヶ月のご利用ありがとうございました!

これからもまた打ち合わせとかお仕事でぜひ使ってくださいね〜♪