fbpx

長野県立大学のソーシャル・イノベーション・創出センター(CSI)のオープニングイベントに出席

こんにちは。コワーキングスペース長野 代表の駒込です。

8月24日は長野県立大学ソーシャル・イノベーション・創出センター(CSI)のオープニングイベントにいってきました。

キッチンスタジオ?

象山寮? キッチンスタジオ?

長野県立大学 後町キャンパス(旧後町小学校の跡地です)

長野県立大学 後町キャンパス(旧後町小学校の跡地です)

その模様をつらつらとレポートしたいと思います。

オープニングイベントでは、ソーシャル・イノベーション・創出センターの陣容と、今後の目指すところを説明。

パネルディスカッションでソーシャルイノベーションを実践している人の実例を聞いたり、参加者を巻き込んでのワークショップと盛りだくさん!

2時間30分の間に

  1. 大室センター長の基調講演
  2. 地域コーディネーターとCSIメンバー紹介
  3. パネルディスカッション
  4. 軽食で交流会
  5. ワークショップ

と、ぎゅうぎゅうに詰め込んであるスケジュール。

にも関わらず、きっちり分単位でオンタイム進行するあたり、早くもイノベーションを感じました。

CSIの大室センター長による基調講演

思ったよりコンパクトな会場は満員。

現地では、コワーキングの方、あちこちでキーパーソンとなっている方など、見知った方の姿がちらほら。

左はクリークスの広瀬さん、右の青いシャツは佐久市の地域おこし協力隊である石田さん

左はクリークスの広瀬さん、右の青いシャツは佐久市の地域おこし協力隊である石田さん

小さなお子さんも賑やかに参加

小さなお子さんも賑やかに参加

そんな中、オープニングはCSIセンター長の大室教授による基調講演。

「今求められる企業像と社会的課題の解決」ということで、長野県立大学をベースに地域にイノベーションを生む「エコシステム」を作りたいというようなお話でした。

CSIセンター長の大室教授

CSIセンター長の大室教授

ビジネスを活用して社会的な課題を解決しつつ新しいサービスなどを生み出せるエコシステムがあれば「企業誘致」は不要。

そもそも社会的課題を創出しないビジネスを作ることこそが抜本的な解決だと。

長野県立大学のソーシャル・イノベーション・創出センターの役割としては、社会的課題を生まない社会を作ることを目的として、

ソーシャル・イノベーション・創出センターの役割

ソーシャル・イノベーション・創出センターの役割

  • 人材育成
  • ロールモデルの提示
  • コンサルティング
  • 地域と企業のリンク

を積極的にやっていきたいとのこと。

私にはちょっと難しいお話だったのですが、、、おおよそそんな感じで理解しました。

地域コーディネーターとCSIメンバー紹介

そのあとは地域コーディーネーターとCSIメンバーの紹介でした。

大学で研究ばかりやるのではなく、積極的に地域に関わって各地域でイノベーションを起こし、現実社会にインパクトを与えようというのは素晴らしいですよね。

その先兵が地域コーディーネーターなのでしょう。

地域コーディーネーターとは、本業を持ちつつエリア担当として関わる人たちのこと。

  • 瀧内貫さん
  • 大宮透さん
  • 石田諒さん(!)
  • 森本ひとみさん

なんと、われらが石田諒さんが東信地区の担当になっておられました。

石田諒さん、身近な人がメンバーにいて驚きでした

あいさつする石田諒さん、身近な人がメンバーにいて驚きでした

石田さんといえば佐久市の地域おこし協力隊であり、神出鬼没の活動量で県内を飛び回っている方。

アルゴット戸倉で動画講座をやっていただいたご縁もあり、僕らもお付き合いさせていただいてます。勝手に身内のような思いで見つめておりました(笑)。

他の方も、本業で立派に活躍しつつ精力的にに地域に関わっている方ばかり。

人選一つとっても、単に机上の議論で終わらせないぞという長野県立大学の本気が伝わりました。

成澤俊輔さん、平賀裕子さんらのパネルディスカッション

タイプの全く違う2人が、それぞれの視点で

タイプの全く違う2人が、それぞれの視点で

続いて大室センター長、成澤俊輔さん、平賀裕子さんのパネルディスカッション。

ちなみに、ここまでやや押しながらもほぼ時間通りの進行。

平賀裕子さんは伊那でミツロウキャンドルの輸入販売などをされながら、まちづくりにも関わっていらっしゃる方。

成澤俊輔さんは就労困難者の支援などをするNPO法人FDA理事長で、ご自身も視覚障害をお持ちの方。

ここでの印象的なお話は成澤さんの、社会的弱者の働きづらさを解消することで関係する他のメンバーや会社にもイノベーションが起こるという件でした。

働きづらさのある人が会社に入ることで(障害者など)お節介する力、先読みする力が生まれる。そこからイノベーションが発生すると。

ちなみに、大室センター長がいうには、来春からボランティアでティーチングアシスタントをする社会人を募集する構想があるようですよ。

ボランティアしながら授業が聞けるので、ビジネスによる社会的な課題解決とイノベーションとかに興味がある人にはオススメです。

軽食の前に私のイノベーション体験?

短時間のワークショップでしたが、非常に面白いものでした

短時間のワークショップでしたが、非常に面白いものでした

さて、ここらで軽食をというところで、あなたのイノベーションを書いてくださいというお題が。次のワークショップの前振りでした。

身の回りの小さなものでも、仕事であった大きな話題でもいいと。

うーん・・・めちゃ悩みました。。。

ここまでしれっと「イノベーション」を使ってきましたが、「あなたのイノベーションを教えて」ってさ、そもそもイノベーションって何?w

  • 工夫?
  • 何かを変えることで起こるちょっとした変化?
  • 少しの変化で人を自然と動かしてしまうもの?

書かないと軽食を食べる時間がないw

難しい。全然出ません。

最終的に私が出したのは

  • コワーキングで婚活パーティーをやったら毎回3組くらいカップルが誕生した
  • 家にある日、カゴが置かれたらそこに財布やらをおくようになった

ううぅ(泣)

イノベーションを自分ごとにするには?の交流会

時間がタイトでして、ケータリングを書き込むように食べましたw

時間がタイトでして、ケータリングをかっこむように食べましたw

軽食タイムで、パパ〜っと歓談したあとは「イノベーションを自分ごとにするには? その極意を探る」のテーマでのワークショップ。

グループごとに先ほど書いた各自のイノベーションから代表2つを選び、そこからなぜそれが起こったかを議論。「極意」として抽出する作業でした。

CSIアドバイザリーメンバーでもあるファシリテーターの由井真波さんの進行がまた素晴らしく、楽しく盛り上がります。

グループごとに極意を発表

グループごとに極意を発表

この数分の中で2つも極意を発見するチームも

この数分の中で2つも極意を発見するチームも

私のいたグループでは

  • 団地の中にあった壁を取り除いたらそこが自然と公園になった
  • 店舗の窓にメッセージを書いたら公然とのぞいていく人が増えた

をテーマに極意を見出しました。

団地をリノベした際に敷地にあった柵を外したら、遊具もベンチもないのに自然と公園のようなスペースになっていったというんですね。

わがチームで発表してくれたのは、なんと長野県立大学の学生さん!

わがチームで発表してくれたのは、なんと長野県立大学の学生さん!

もう一方も店舗のリノベで窓にメッセージを書いたらじっくり読んでいく人が増え、メッセージをきっかけに店員に話しかけるようになったと。

そこからグループで出した極意は

意図・目的を表に出さない

でした。これが私たちが発見したイノベーションを自分ごとにする極意でした。

どちらのアイディアも思いっきり戦略的な狙いがあるのですが、その目的を表に出さずにまるでドミノのように動いて、狙ったターゲットの体温を上げるものだったのですね。

人は誰も指図されたくない。でも、こちらは人を狙い通りに動かしたい。相手の気持ちを揺さぶりたい。

そこで一見すると何の狙いもないような行動を取る。実はそこに仕掛けがあり、仕掛けに乗った人の行動が連鎖してイノベーションが自分ごとになる。

そんな極意でした。

他のグループが発見したイノベーションを自分ごとにする極意は次の通り。

  • 誰かの普通が誰かの特別になる
  • まずやってみるから始める
  • 自分の大切にしたいことを決める
  • やってみてよさを実感してもらう
  • 今まで誰もやってなかったけどやっていい

長野県立大学ソーシャル・イノベーション・創出センター(CSI)は地域を動かすことに本気

長野県立大学のソーシャル・イノベーション・創出センター(CSI)のオープニングイベントはボリュームたっぷりの内容でした。(だらだら書いてしまったせいもあります汗)

県立大学として地域にイノベーション起こして変えていきたい。自らが自分ごととして関わっていくのだ。そういう人を育てるのだ。

そんな熱量が感じられる1日でした。

コワーキング長野もぜひ仲間に入れていただき、何らかの形でお役に立てるように頑張りたいと改めて思いました。

2018年4月開学したばかりの大学。これからに期待です!

ちなみに、このイベント、最後の記念撮影までしてもほぼ時間ぴったりに終わるという神業イノベーションでしたw

P.S. 「ソーシャル・イノベーション・創出センター」の略語「CSI」って、ついさっきまで「ソーシャルで始まるのになんでCが先頭?」って疑問だったのは内緒w

オマケ

神司会で分単位のスケジュールを仕切ったチーフ・キュレーター秋葉芳江さん

神司会で分単位のスケジュールを仕切ったチーフ・キュレーター秋葉芳江さん

本当にキッチンありました! 何するんだろう

本当にキッチンありました! 何するんだろう

トイレは全部の扉に男女のマークがあり一瞬混乱w

トイレは全部の扉に男女のマークがあり一瞬混乱w 2つの入り口で男女別を想像していたので・・・